地方公共団体職員の方以外は下のボタンから
新規利用者登録をおこなってください。

 

地方公共団体職員の方は、組織内のアカウント管理者から
ユーザアカウントを取得してください。

 

地方公共団体職員の方は、組織内のアカウント管理者から取得
頂くか、システムログイン後にダウンロードしてください。

システムをご利用になる前に、Internet Explorerにおいて
信頼済みサイトへの登録を行ってください。
これを行わずにシステムを利用すると、一部機能において
正常に動作しない場合があります。

信頼済みサイトへの登録方法

(10月24日)データ更新のお知らせ
●介護保険事業状況報告 平成26年年報および平成28年5月月報のデータがシステムに反映されました。
●後期高齢者医療事業状況報告 平成26年年報および平成28年3月事業月報のデータがシステムに反映されました。

(10月3日)データ更新のお知らせ
●介護保険事業状況報告 平成28年4月月報のデータがシステムに反映されました。
●後期高齢者医療事業状況報告 平成28年2月事業月報のデータがシステムに反映されました。

(8月30日)データ更新のお知らせ
●介護保険事業状況報告 平成28年2月月報および3月月報のデータがシステムに反映されました。
●後期高齢者医療事業状況報告 平成27年12月事業月報及び平成28年1月事業月報のデータがシステムに反映されました。

(7月27日)システムのバージョンアップのお知らせ
地域包括ケア「見える化」システムがバージョンアップいたしました。

(バージョンアップ後に追加された指標・機能)
  • 将来推計機能(第7期介護保険事業計画において保険料基準額を推計する機能)※試行版
  • 【ご注意】将来推計機能は市区町村職員様専用の機能です。本ページの「新規利用者登録」から発行された
         ユーザアカウントではご利用になれませんので、予めご了承ください。
※詳細は利用マニュアルをご参照ください。

(7月21日)システムのバージョンアップのお知らせ
地域包括ケア「見える化」システムがバージョンアップいたしました。

(バージョンアップ後に追加された指標・機能)
  • 第1号被保険者の性・年齢構成の影響を除外した認定率、第1号被保険者1人あたり給付月額の追加
  • 介護人材にかかる需給推計、介護人材の充足率 他
※詳細は利用マニュアルをご参照ください。

(6月3日)データ更新のお知らせ
●介護保険事業状況報告 平成28年1月月報のデータがシステムに反映されました。
●後期高齢者医療事業状況報告 平成27年11月事業月報のデータがシステムに反映されました。

(4月26日)データ更新のお知らせ
●介護保険事業状況報告 平成27年12月月報のデータがシステムに反映されました。
●後期高齢者医療事業状況報告 平成27年10月事業月報のデータがシステムに反映されました。

(4月6日)データ更新のお知らせ
●介護保険事業状況報告 平成27年11月月報のデータがシステムに反映されました。
●後期高齢者医療事業状況報告 平成27年9月事業月報のデータがシステムに反映されました。
●平成26年患者調査のデータがシステムに反映されました。

(3月3日)データ更新のお知らせ
介護保険事業状況報告 平成27年10月月報のデータがシステムに反映されました。

(2月26日)システムのバージョンアップのお知らせ
●地域包括ケア「見える化」システムがバージョンアップいたしました。

(バージョンアップ後に追加された機能・指標)
  • 介護サービスの受給率、受給者1人あたり給付月額・利用日数(回数)、後期高齢者1人あたり医療費等の現状分析指標の追加
  • 実行管理機能(介護保険事業計画の計画値と実績値との乖離状況を見る機能)
    【ご注意】実行管理機能は市区町村職員様専用の機能です。本ページの「新規利用者登録」から発行された
         ユーザアカウントではご利用になれませんので、予めご了承ください。
※詳細は利用マニュアルをご参照ください。

(1月25日)データ更新のお知らせ
介護保険事業状況報告 平成27年8月月報および9月月報のデータがシステムに反映されました。

(11月19日)データ更新のお知らせ
介護保険事業状況報告 平成27年6月月報および7月月報のデータがシステムに反映されました。

(10月30日)システムのバージョンアップのお知らせ
●地域包括ケア「見える化」システムがバージョンアップいたしました。
●介護保険事業状況報告 平成27年5月月報のデータがシステムに反映されました。

(バージョンアップ後に追加された機能・情報)
  • 第1号被保険者、要支援・要介護認定者数、第1号保険料月額、第1号被保険者1人あたり給付月額等の現状分析指標の追加
  • 地域資源分析機能(地図上での介護サービス施設・事業所情報の提供)
  • 指標データ・グラフを含むExcelファイルのダウンロード機能
  • 日常生活圏域単位の集計結果の提供
  • その他便利機能
※詳細は利用マニュアルをご参照ください。

(7月27日)
地域包括ケア「見える化」システムをオープン致しました。
※今回は1.0次リリースとなります。今後平成28年度末にかけて、順次表示される指標および機能を拡充予定です。

システムご利用前の準備について(信頼済みサイトへの登録)

▼登録済みの方

▼初めての方

▼利用マニュアル

地域包括ケア「見える化」システムは、都道府県・市町村における介護保険事業(支援)計画等の策定・実行を総合的に支援するための情報システムです。 介護保険に関連する情報をはじめ、地域包括ケアシステムの構築に関する様々な情報が本システムに一元化され、かつグラフ等を用いた見やすい形で提供されます。
本システム利用の主な目的は、以下のとおりです。

  • 地域間比較等による現状分析から、自治体の課題抽出をより容易に実施可能とする

  • 同様の課題を抱える自治体の取組事例等を参照することで、各自治体が自らに適した施策を検討しやすくする

  • 都道府県・市町村内の関係者全員が一元化された情報を閲覧可能となることで、関係者間の課題意識や互いの検討状況を共有することができ、自治体間・関係部署間の連携が容易になる

また、本システムは、平成27年7月の本格稼働以降、一部の機能を除いて誰でも利用することができるようになりました。
このことから、住民も含めた地域の関係者間で、地域の課題や解決に向けた取組を共有でき、地域包括ケアシステムの構築に向けた取組を推進しやすくなることが期待されます。


1.はじめに
地域包括ケア「見える化」システム(以下「本システム」といいます。)は、厚生労働省が運営しています。本システムのご利用にあたり、以下の運営方針をご理解いただきますようお願いいたします。なお、本システムの運営方針は、予告なく変更される場合があります。

2.本システムの運用について
厚生労働省は、利用者への事前の通知をすることなく、本システムの停止及び廃止、機能等の変更、追加及び廃止、アクセス制限並びに本システムで公開している情報(以下「コンテンツ」といいます。)の変更、移転及び削除等を行う場合がありますが、あらかじめご了承ください。

3.利用の申込
(1)本システムの利用を希望する方は、所定の利用登録を行うものとします。利用登録にあたっては、正確な情報を登録ください。
(2)利用登録を行った方(以下、「利用者」という。)は、発行を受けたID及びパスワードを、第三者に譲渡・貸与・開示しないものとします。
(3)厚生労働省は、ID及びパスワードが第三者によって利用されている場合、第三者による利用が疑わしいと判断した場合、また、その他本システムの不適切な利用であると判断した場合は、当該IDによる本システムの利用を認めない、または停止する場合があります。

4.コンテンツの利用条件
(1)コンテンツは、本システム上で特に利用条件が付されている場合を除き、本運営方針に基づき、複製、公衆送信、翻訳・変形等の翻案等、自由に利用できます。商用利用も可能です。
(2)本運営方針は、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。引用時の記載例は以下を参考にして下さい。
・グラフ、地図情報等
[出典]地域包括ケア「見える化」システム (平成●年●月●日取得)
・保険者等の取組み事例等
[出典]地域包括ケア「見える化」システム (平成●年●月●日取得)
    ○○事業 ▲▲に関する調査事業(株式会社■■ ※事業実施主体名)
●県●市事例「地域の特性に応じた介護予防事業と支援体制」より引用
(3)利用者は、本システムのマニュアル等、本システムの利用を円滑にするための二次的著作物等の作成に関しても、自由に行うことができるものとします。

5.利用者の義務
(1)利用者は、コンテンツを利用する際には、その出典を表記するものとします。コンテンツを編集・加工等して利用する場合は、編集・加工等を行ったことを記載するものとします。
(2)コンテンツの中には、第三者が著作権その他の権利を有しているものもあります。第三者の権利を侵害しないようにしてください。
(3)利用者が利用者自身の著作物等の情報を本システムに登録する場合、当該情報は他の利用者に自由に利用されることを承諾し、かつ、そのために必要なあらゆる権利処理を事前に完了していることを保証するものとし、また、登録がなされた場合には、かかる承諾及び保証がなされたものとみなされるものとします。
(4)コンテンツについて、利用者間、あるいは利用者と第三者間で問題が生じた場合は、すべて利用者が自らの責任と費用をもって解決するものとし、厚生労働省は一切の責任を負わないものとします。

6.禁止事項
(1)利用者は、本システムの運用を妨害する行為または運用に支障を与える行為を行わないものとします。
(2)利用者は、特定の個人を識別する目的で本システムを利用しないものとします。また、特定の個人が識別されるデータまたは外部のデータを利用することで個人を識別可能なデータを、本システムに登録しないものとします。
(3)利用者は、本システム及びコンテンツについて、法令、条例または公序良俗に反する利用をしないものとします。
(4)利用者は、本システム及びコンテンツについて、国家もしくは国民の安全に脅威を与える利用をしないものとします。
(5)利用者は、本システム及びコンテンツを、暴力団(その団員、準構成員及び関係企業を含む)その他の反社会的勢力の利益のために利用しないものとします。

7.免責
厚生労働省は、本システム及びコンテンツには万全を期していますが、その完全性、正確性を保証するものではなく、利用者が本システム及びコンテンツを利用して行う一切の行為及び利用者が被った損害及び損失に対して、いかなる責任も負いません。また、厚生労働省は、本システムに不具合がないこと、中断しないこと、その他運用に問題が発生しないことを保証するものではありません。利用者は、自らの責任において、本システム及びコンテンツを利用するものとします。

8.情報の保護
本システムでは、システムの改善のために、利用者のIPアドレス、端末のOS等の情報、その他本システムの利用に係る情報を自動的に収集し分析することがあります。

9.業務委託
厚生労働省は、本システム及び本運営方針に記載されている事項に係る業務の全部または一部を外部の業者に委託することがあります。

10.準拠法及び管轄
(1)この運営方針は、日本法に基づいて解釈されます。
(2)本システム及びコンテンツの利用並びにこの運用方針に関する厚生労働省を当事者とする紛争については、東京地方裁判所を、第一審の専属的な合意管轄裁判所とします。



 
厚生労働省